ITエンジニアの職務経歴書

ITエンジニアの職務経歴書

 ITエンジニアの転職活動には、職経歴書は必須です。職務経歴書は、自己アピールの強力な武器です。提出書類に履歴書としか書かれていなくても職務経歴書は作成して提出すべきです。

 

 日常業務において提案書とか報告書を作成していれば、文書作成を弱気に感じることはありません。しかし、コーディングや設計書や仕様書の作成しかしていなければ、職務経歴書と言われても途方に暮れるかもしれません。

 

 ITエンジニアの場合、自分が行ってきた開発環境について書けば筆が進みます。具体的に職務経歴書の内容を示します。これを参考にして、自分らしさをアピールできる職務経歴書を作成してください。一部、履歴書の内容と重複するところがありますが問題はありません。

 

【関連情報】
高卒 転職
高卒の転職に必要な書類、アピールポイント、面接の立ち居振る舞い、成功に必要な情報はこちらから。

 

 まず、最初に入社後から現在のポジションまでの職務の概要を記載します。あくまでも職務です。例えば、物流システムの構築に関わった後、物販会社のクラウドシステム開発プロジェクトのサブリーダーとして進捗管理を行った、といった書き方です。

 

 次に、関わったプロジェクト名と期間・要員数・開発環境・使用言語を箇条書きにします。次に、IT資格を持っていれば列挙します。また、参加した、セミナー・研修などがあれば社内・ベンダーなどに分けて記載します。

 

 最後に自己PRと志望動機です。ITエンジニアの場合、自己のスキルアップの為に転職することが多く、今迄の経験を活かして、是非とも御社での業務に貢献したく応募しました。と、いった感じで記載すれば体裁の良い職務経歴書を作成することができます。