自分の長所を見つけて面接に挑もう

長所を探すことは意外と難しい

 履歴書などで長所の蘭をなかなか埋められない方は、意外と多いものです。しかし、自分の長所をアピールできないのは面接で致命的なので、しっかりと長所を見つけてアピールに活かしましょう。

 

アピールになる長所とそうでない長所

 自分ではアピールポイントと考えていても、相手はそう感じない可能性もあります。例えば、遅刻をせず時間に正確だったり、挨拶を欠かさないなどは社会人としてのマナーです。これは企業にアピールするものとしては効果的ではありません。そうではなく、自分が何を成したのか、どんな経験をしてどんな対応をしたのかを紐解けばアピールポイントも見えてくるでしょう。

 

精神的なアピールポイント

 もちろん、自身のメンタルをアピールポイントにすることも可能です。ただしこの場合も、実際の体験と共にアピールすることで効果が高くなるでしょう。集中力が高いならその高さを活かした経験があれば、相手にもわかりやすく伝わるのです。

 

長所は必ずある

 簡単には思いつかなくても、長所は必ず存在するものです。大切なのはいかに相手に伝えるかなので、そのアピールの方法を考えてみましょう。また、企業の求人を確認してみれば、どうアピールすればいいのか見つかるかもしれません。