転職するには2パターンあり。どんな仕事を選ぶのか

転職先の選び方のポイントとは

 転職することを決める際に、何を大切なポイントにしていますか。前の仕事と新しい仕事に移るときに、無理のない選び方が大事になります。それは、職種の選び方のことです。たとえば、拾い意味で飲食に関する仕事についていて、この会社を辞めることにしたとしましょう。あなたに向いている業種が飲食慣例だったとしましょう。新しい仕事を選ぶなら、あなたに向いている仕事がベターです。

 

 そこで、飲食関連なら飲食を新たに探すのですが、飲食慣例といっても実に幅が広いのです。飲食の販売店なのかメーカーなのか、卸行なのか、また、飲食に関する広告の仕事なのかなど幅広いのです。同じ飲食を扱う会社でも、現場なのか、事務方なのかで、また大きく異なります。つまり、あなたの適正は、業種にあるのか職種にあるのかという二つの要素があるのです。

 

適性のある業種と職種は同じではない

 あなたが飲食の仕事が好きだとしても、ここは、じっくりと深く考えることが大切です。簡単に飲食なら何でもいい、と考えては、せっかくのキャリアがもったいないのです。これまでの仕事の中で蓄えてきた知識や経験を踏まえて、未経験でもチャレンジしたいと思える業種や職種を思い浮かべてみるのも効果があります。取引先との交流を通じて、イメージ程度はつかめているはずです。

 

 分からないことがあれば、積極的に質問してみることもできるはずです。仕事のキャリアを重ねるチャンスが転職です。せっかくの大切で貴重なこれまでの仕事の日々を無駄にはしない意気込みが求められます。どんな仕事を選ぶのかは、結局はあなたの経験の上に立って真剣にあなた自信が決断するほかないのです。