転職は自分のスキル棚卸とやりたいことの明確化をまずすべし

転職の考え方

転職は今の日本の市場でもそれほどめずらしいことでもありません。自分自身に疑問があるのであれば、そして周囲の理解も特に家族がいる場合ですが、得られる場合は思い切って行うべきかもしれません。

 

スキルの棚卸

 転職をしようと思った時にはまず、自分のこれまでの職歴で身に着けた経験、そしてスキルを明確にしておく必要があります。特に現状の職場よりも好条件を望むような場合は自分の得手不得手を明確化し、さらに何を伸ばせばいいのか自分なりに分析しておく必要があります。これは近しい友人や厳しい先輩などから客観的な評価をしてもらうのが一番です。もちろん、転職支援会社にも評価をしてもらうことになりますが。

 

自分のやりたいことの明確化

 棚卸ができた後は気持ちと意思の問題です。自分がこれからどういったスキルアップ、もしくは仕事を通じた自己成長を遂げたいのか。そして家族がいる場合はどういった場所でどういった人生を送りたいのかまでしっかり踏まえたうえで判断することが肝要です。いかに自分の人生とはいえ、社会人として周囲の理解を得られないようではうまくいかない可能性も高くなってしまいます。

 

 以上の2点を明確にして転職を検討する必要があるわけです。