転職者も会社を選ぶ側です

 大学を卒業して入った会社はあまりにも激務で一年半でリタイアしてしまいました。正直、大学在学中もとにかく内定をくれるところ!と必死になっていたのできちんと準備して調べた会社ではありませんでした。

 

 運よく、自分の希望がある程度マッチする会社に転職することができ、10年近く勤めましたが、業績不振のため、日本から撤退に伴い、再び就職活動が必要になりました。

 

 自分の希望がある程度通るところと思い、就職活動していました。

 

 ここだったら商品も好きだし、会社の規模・待遇もマッチしているという会社から内定をいただき、いざ、業務につくと、中は悲惨でした。

 

 とにかく職場が汚いのと、社員が動かない。舵とりをしているマネージャーが必至に皆を動かしている様子でした。

 

 でも、せっかく決まった仕事だから頑張ろうと思い、数日通いましたが、社員同志の中も険悪、もちろん、私に一通りを教えてくれる人もいません。

 

 商品や備品も乱雑に扱い、ごみもだれもかたづけない。あまりにも素行の悪い社員の人の印象をうけ、思わずマネージャーにぼやいてしまいました。

 

 マネジャーも分かっているけれど一人では変えれない、だから、一緒に頑張ってもらえないか?と言われ、とてもじゃないけれどそんな片棒担ぐことはできないと思い、1週間で内定を取り消してもらいました。

 

 それからの就職活動は行けるところは実際にその会社の近くまで行って様子を見るようにしました。

 

 中にこそ入りませんが、その会社に出入りしている人、近くのコンビニやコーヒーショップに行って雰囲気を見たりしました。

 

 Webエントリーでの場合でもあえて会社に電話してしっかりメールが届いたか聞くようにしていました。もちろん、メールが届いているかの確認もありますが、そういった電話を希望者がした時にきちんと対応してくれるかも知りたかったからです。

 

 担当が不在なので後で電話するといわれたり、この電話ではわからない、少し時間がかかるので10分後にかけなおすと言われ、実際に折り返し電話がもらえなかったりとさまざま。

 

 転職して先方に雇ってほしい!という気持ちはもちろんありますが、実際、中に入って見なければ雰囲気や社風はわかりません。前回の失敗で学んだ事です。

 

 企業側は選ぶ立場ですが、同時に私もしっかり見極める必要があると思い、活動しました。

 

(人気サイト紹介)
30代が転職をはじめる基本事項
30代が転職サイトを利用するときの注意点