面接の場では失敗談を含めて話すと良い

 中途採用面接の中では、過去の職場の話を聞かれることも多いかと思います。多くの方はその業務内容や自分が行ってきた仕事や実績を話します。もちろんそれも大切ですが、それだけでなく、失敗談を話すと良いでしょう。失敗談を話すとそれ自体にマイナスイメージを与えてしまうと思われるかもしれませんが、実はそれは逆です。失敗談を織り交ぜて話をするとかえって印象が良くなることがあります。失敗談を話すとこんなミスをする人なのだと思われてしまうのかもしれません。しかし、仕事をしてきてミスをしたことがない人などいません。

 

 どんなに大手企業の社長さんだって大変な失敗を繰り返してきています。むしろ仕事をしていれば失敗などは当たり前のことです。ただし、それを失敗してしまった後のことを話すことを忘れないようにして下さい。「前職でこんな失敗してしまったんです。」だけで終わったらただの報告で、余計な話になります。しかし、面接の場は自分の能力をプレゼンテーションする場でもあります。その失敗をしてしまった後にこのように立て直して失敗を取り返した、という話をするようにしましょう。採用担当側としても、こういう失敗はするものの、そういう立て直し方ができる人間なのか、と思うでしょうし、なによりも失敗を素直に話ができる人間ということで好感度が上がります。