転職活動成功のポイントは面接の売り込み方

 転職活動をする中で避けては通れないのが、採用面接です。書類選考に通過したら全力で立ち向かいましょう。採用面接についてのノウハウを紹介した本はたくさんありますが、共通して書いてあることと言えば面接の場でいかに自分を売り込めるか、です。採用担当はどういう基準で人材を見ているのかは業種や募集している人材にもよって異なりますが、共通しているのは支払う給料に対して費用対効果が見込める人材なのかどうか、です。たとえば営業職だとして、毎月の給料が30万円としているにも関わらず、毎月10万円の売り上げしか稼げないのであれば採用する価値はありません。

 

 毎月頂く給料の最低2倍は稼いでもらわないことには企業としては採算がとれません。それだけの人材であることをどうやってPRしていくのかを考えましょう。だからといって「私は60万円の売り上げを稼ぐ自信があります」と言ってもムダです。その根拠が伴っていて、将来的に60万円どころか、100万円以上の利益が残せそう、と思ってもらうことです。その為に前職で残した実績とそのプロセスを話に出してもいいでしょう。自分はこれだけのことをしてきたからこそ、この実績を残せたくらいのニュアンスで良いでしょう。それをしっかりとした言葉遣い、口調で自信もって話ができれば、採用面接もかなり有利になるでしょう。