あなたの転職動機は前向きですか?

サラリーマンの多くが一度ならず「転職」について考える事があるでしょう。

 

当たり前ですが、転職する以上は今の職場よりも「良くなる」事を求めるものです。

 

ただ、転職した結果

 

・休みが増えた
・給料が増えた
・人間関係が良くなった
・仕事のやりがいが増えた

 

これらの条件が完全に満たされるという事はまず無いでしょう。

 

それどころか前の会社には無かった新たな不満が生まれる可能性もあります。

 

例えば、前の会社は給料に不満だったので給料アップに絞って
転職したとしましょう。

 

・給料は増えたが休みは減った
・給料は増えたが仕事のやりがいが無くなった
・給料は増えたが人間関係が難しい

 

といったところです。

 

さて、あなたは幸せですか?

 

恐らく大半の人が、時間の経過と共に「こんなはずではなかった」と
思うことになるでしょう。

 

あなたは転職するにあたって「今よりも良くなる」為に
「今ある不満の解消」を求めていませんか?

 

残念ながらこのような受身の姿勢では満足な転職活動は行なえないと
言っても過言ではないでしょう。

 

要するに「与えられるもの」に対する不満を解消する為の転職は
上手くいかないという事です。

 

自分が

 

「どうされたいか」ではなく「どうありたいか」

 

「どの様に働かせてもらいたいか」ではなく「どの様に働きたいか」

 

を基準に転職活動を行なうべきです。

 

その為にも、自分がどんな人間であるかを「感情」を排して「理性」で
見つめなおしてください。

 

他人の事なら良いアドバイスが出来るのに自分の事になると
つい感情的になってイライラしてしまうなんて事もあるものです。

 

あなたが現在抱えている不満は他人のせいではありません。

 

その環境を選んだのも、今そこにいるのも全てあなたの決断なんです。

 

条件に満足するのではなく、自分の決断に納得できる。

 

 

ピックアップ
既卒の就活
既卒の就活に欠かせないものとは

 

そのような転職活動が行なえれば、末永く前向きに働く事が
可能になるのだと思います。

 

いずれにしても日々の自分磨きは欠かせません。
その上であなたが「仕事」に対してどう向き合いたいのかを
しっかり考えてみましょう。