求人倍率がついに戻った

 転職に必要な情報の1つが求人倍率だと思います。求人倍率が低い状態で転職することは非常に難しく、どんなにいい人材であっても採用されないことがあります。求人倍率が上がっているということは、良い転職先が増えていることに加え、企業側の採用意欲が出ていることになります。求人数が増えている今が転職のチャンスと言えるでしょう。基本的に求人倍率の目安は1倍を切るか切らないかが判断材料になります。昨年末求人倍率がついに1倍台に回復しました。

 

 リーマンショックで一気に低迷した求人倍率が戻ったということは、景気の先行きが良くなっている証明でもあります。転職するならこのタイミングだと思います。その1つが賃金の引き上げが期待できる点です。消費増税などで賃金を引き上げるよう政府は要請しています。その要請に応えて賃金アップを目指している企業は沢山あります。今の給料に不満があるなら、賃金の高い企業に転職するのもありだと思います。また色んな求人が出ているため、経験したことのない仕事が見つかることもあります。未経験者歓迎の企業であれば、新しい仕事に挑戦してみるのもいいでしょう。景気が良い時に転職しておくと、悪くなった時に安定して働けるメリットが生まれます。転職したいと考えているのであれば、景気が良くなった今を狙って転職先を探しましょう。